上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「さんまのスーパーからくりTV」で、ゆうこりん率いる小倉優子音楽隊の
練習の模様を放送していました。

今回は、つるの剛士君以外のメンバーが全員揃い、全体で合同練習を
していました。

今回初めて出席した斉藤暁さんが挨拶代わりにトランペットを披露しましたが
素人とは思えないほどの腕前でした。

今回つるの剛士君が欠席した理由について、青木裕子アナが「羞恥心の
奇跡的なヒットのため、スケジュールが合わず今回は欠席するそうです」と
説明すると、ゆうこりんこと小倉優子ちゃんが、「真矢さんも、昔奇跡的に
ヒットした曲がありましたよね?」と言い出し、「奇跡じゃなくて、実力で
ヒットさせたの!」と、真矢さんからクレームが入る場面がありました。

ゆうこりんが言うとは思えないような毒のある発言に、お笑いのツボを
押さえているなぁと、思わず笑ってしまいました。

この後、強化合宿をする!との小倉ゆうこちゃんからの宣言で、急きょ
TBSで開かれた合宿に、小倉優子ちゃんはパジャマ姿で登場しました。

「何で、合宿なのにパジャマ姿なんですか?」と聞かれた小倉優子ちゃんは、
「こういう姿のほうが、視聴者さんも喜ぶでしょ♪」と答えて、逆に
ジャージ姿のつるの剛士君と伊藤アナにダメ出しをしていました。

その後に始まった合同音合わせでは、ルパン3世やひみつのアッコちゃん、
宇宙戦艦ヤマトのメドレーをやっていましたが、初めての音合わせとは
思えないほど上手くまとまっていました。

その時、急に小倉優子ちゃんから「大事な事を忘れていました。音楽祭での
隊列をどうするか、これから決めたいと思います」と言いだし、自分は
一番前のセンターで、他のメンバーは自分たちで決めてというような素振りで
青木裕子アナには「一番端に行って!」と自分から遠ざける指示を出して
いました。

練習の合間の休憩で、さかなクンが差し入れのおにぎりをみんなに振る舞い、
さらに「次の音楽隊の活動にも、ぜひ呼んでください!」とお願いすると
小倉優子ちゃんは「それは、視聴率次第です」と、冷たく突き放していました。

スタジオで、今後の小倉優子音楽隊の活動について聞かれた小倉優子ちゃんは
「荻窪では、人が集まりすぎて死人が出るという噂が流れるほど問い合わせが
凄く、他からも出演依頼が入ると思うので、スケジュールが合えば地方も
回ってみたい」と涼しい顔で答えていました。

いよいよ次週、荻窪音楽祭での演奏のシーンが放送されるみたいですが、
どんな演奏だったのか、今から楽しみですね。

タグ:    

FC2 Management
2008.05.25 Sun l さんまのスーパーからくりTV l COM(4) TB(0) l top ▲
「土曜スタジオパーク」に、「サラリーマンNEO」に出演している
中田有紀(なかたあき)さんと山西さんが出ていました。

中田有紀さんは、サラリーマンNEOのニュース番組のコントで
生瀬勝久さんや吉瀬美智子さん相手に、鋭い目線でズバッと本音を語る
キャスターとして人気なんですが、元々は青森放送でアナウンサーとして
活躍し、その後フリーとなり現在は日テレ「oha4」でキャスターを
務めているそうです。

トークの中で、アナウンサーをしているといろいろ失敗談もあると思いますが
何か披露してもらえますか?と女性アナウンサーから聞かれても、そういう
ことはあまり話したくないんですけど!と、あのキャラクターを思わせる
ような威圧感で軽く流していました。

一方、山西さんはサラリーマンNEOで就活一直線の応援団・西条役を
やっていて、応援団独特の語り口調で人気ですよね。

後輩の田口浩正さんとの絡みもすごく笑えます。

土曜スタジオパークの冒頭で、ニュース番組のコントを再現していたんですが、
あまりの迫力に相手役の女性アナウンサーが何度も引っかかっていました。

また、共演している田口浩正さんからのメッセージでも、「中田有紀さんは
リハーサルではまだ優しい感じで接しているけれど、本番になると
SMチックな厳しい目線になって体がピリピリする」とコメントしていました。

かなり個性的な役をこなしている二人ですが、これからも独特のキャラで
楽しませて欲しいと思います。

タグ:  
2008.05.25 Sun l サラリーマンNEO l COM(1) TB(0) l top ▲
貫地谷しほりちゃん主演のドラマ「キミ、犯人じゃないよね?」ですが、
今回は殺人事件と身代金誘拐事件が同時に発生するという、変わったケース
でしたね。

連続猟奇殺人事件の方は、"ザンギリキラー"と呼ばれる犯人が、はさみで
被害者を殺害後、髪を切り取り、犯行現場でたばこを吸うという手口で、
5件の犯行を繰り返していたいましたが、捜査の途中で犯人がつかまり、
自供では4件は自分がやったもので、最後の1件は自分はやっていないと
主張していました。

身代金誘拐事件の方は、なんと宇田川(要潤)が帰り道で後ろから頭を
殴られ、気がついたら可愛い女性3人が住むマンションにいて、彼女たちが
お金に困っていると聞いた宇田川(要潤)の自作自演の誘拐事件でした。

宇田川(要潤)の指示で、さくら(貫地谷しおり)が身代金を運び、
ビルの踊り場からお金を落とさせ、まんまとお金を手に入れていました。

身代金の受け取りに成功した宇田川は、彼女たちにお金を渡し、自分は
誘拐犯から自力で逃げ出してきたと一芝居打ちましたが、さくら(かんじや
しほり)に見破られ、偽装誘拐事件の真相を話しました。

だいたい、犯人からどうやって逃げてきたのか、犯人を追跡していけば
間違いなく偽装誘拐事件だと解ると思うんですけど…

殺人事件の5件目は、フードプロデューサーを殺害したものだったんですが、
そのプロデューサーの店から買ったオーガニックケーキを食べた瞬間、
さくら(貫地谷しほり)が事件の真相に気づきました。

今回の謎は、
1.なぜ宇田川が、5件目の犯行現場の前で犯人に襲われ、行方がわから
  なくなったのか
2.最後の犯行現場に残されたたばこだけ、唾液が付着していなかった
3.フードプロデューサーの店のオーガニックケーキと、宇田川を助けた
  彼女たちが経営するケーキ店のものと味も見た目もまったく一緒だった
という点でした。

それに対して、さくらは
1.宇田川が犯行現場の前で、クワガタ虫がけんかしているのを見て、
 「はさみが…」と言っているのを聞いた犯人が、犯行を見られたと思い
  気絶させた後、宇田川をマンションに運んだ
2.たばこに火を付けて吸わずに消したのは、犯人がケーキを作る際に
  味覚がにぶることを恐れたため
3.フードプロデューサーが彼女たちのケーキを気に入り、提携の契約を
  結ばせた後、彼女たちを裏切ってオーガニックをまったく使っていない
  まがい物のケーキを勝手に販売していた
ということを突き止め、見事に犯人たちを逮捕に導きました。

彼女たちは、身代金の誘拐事件を思いつかなければ殺人事件がバレずに
済んだのに、変な欲を出したのが裏目に出た格好になりましたね。

毎回、宇田川(要潤)の刑事らしからぬ奇行には驚かされるんですが、
まさか身代金目的の誘拐にまで手を貸すとは、信じられませんね。

それも、自分の家からお金を巻き上げようだなんて、本当にあきれて
しまいます。

ところで、今回さくらはアニメのヒロインのコスチューム姿を披露して
いましたが、なかなか似合っていたと思いませんか?

次回は、占い師や巫女さんのコスチューム姿に挑戦しているそうなので
それも楽しみにしたいと思います。

タグ:   
2008.05.25 Sun l キミ犯人じゃないよね l COM(2) TB(0) l top ▲
「がっちりマンデー」で、渋谷109が大成功した秘密を特集していました。
1980年代に建てられた頃、普通の百貨店だったがバブル崩壊で
販売方針を転換し、若い女性(17~22歳くらい)だけをターゲットにした
ショッピングモールを作り上げるしてから、売り上げが急上昇し現在に
至ったんだそうです。
その販売戦略は、1つの店の坪数を少なくして、多くのショップを取り入れ
その坪当たりの売り上げ単価で全店舗をランキング、成績のいいショップ
には広い坪数に拡大し、逆に成績が悪いショップには業務改善もしくは
退店という厳しいルールを取り入れているそうです。
ちなみに、総売り上げNo.1のショップはセシルマクビーで、なんと
8年連続売り上げNo.1に輝いているんだとか!
セシルマクビー渋谷109店では、ともかく商品の開発に力を入れていて
だいたい1ヶ月で、ショップにある商品がすべて入れ替えるという早業で
新しい物を探しているお客さんのニーズに応えているそうです。
番組の最後に、これから注目されるスポットを紹介していましたが、
それは池袋サンシャインシティだそうです。
ゲストで元雑誌モデルもしていた大沢あかねちゃんも、私もそこを注目
していましたと話していました。
ショップで1位を取るために裏では凄い苦労をしていたんですね。

テクノラティプロフィール
2008.05.25 Sun l がっちりマンデー l COM(2) TB(0) l top ▲
「王様のブランチ」の"小林麻耶のエンタメーノ"で、「クイズ・
ヘキサゴン」から生まれた3組目のユニット"カッパとラクダ"の話題を
取り上げていました。

ヘキサゴンからのユニットといえば、里田まいちゃん、スザンヌちゃん、
木下優樹菜ちゃんからなる"pabo"や、つるの剛士君、上地雄輔君、
野久保直樹君からなる"羞恥心"と話題のユニットが誕生する事で有名ですが
今回はクリス松村さんとアンガールズ・山根の2人組によるユニットだ
そうです。

この組み合わせは、なかなか思いつかないと思うんですが、そこが
島田紳助さんのプロデューサーとしての腕の見せ所なんでしょうか。

ブランチのレポーターから、"羞恥心やpaboに対抗心はあるか?"との
質問に、向こうは若い女性がターゲットでこちらは子供がターゲットだから
比べる事自体が間違っているとクリス松村さんは答えていました。

PVでは曲に合わせて2人が簡単なダンスを披露していましたが、それに
ついては、クリス松村さんが出来上がった曲を聴いてパッと振り付けが
思いついたと話していました。

すると、山根君が「それって、マイケル・ジャクソンと同じですね。ダンスは
どう表現するかと考えるものではなく、自分が感じた事を表現すればいいって
言ってましたよ。」とコメントしていました。

振り付けは、子供にも出来るように簡単にしてあるそうですが、大人がやっても
脳の運動になるような振り付けも組み入れているそうです。

今回の曲について、山根君は「生で見ると気持ち悪い」とコメントし、
クリス松村さんは「一度見たら、二度と忘れられない」とまったく逆の
コメントをしていましたが、はたして2度あることは3度あるという具合に
ヒットするのか、ちょっと気になりますね。

タグ:   
2008.05.24 Sat l 王様のブランチ l COM(1) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。