上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昨日行われた"フィギアスケート3地域対抗戦"で、浅田真央ちゃんが
魅せてくれましたね。

調整不足のせいもあって、本来のジャンプは出来なかったものの、
それでも出場選手中1位というのは、さすが!でした。

ところで、今朝の「ズームイン」で、浅田真央ちゃんと姉の舞ちゃんの
独占インタビューをやっていました。

それによると、この前の世界フィギィアで優勝できたことは、格別だった
そうですが、表彰式の時は、メダルの縫い目がほつれていて、メダルが
取れるんじゃないかということが気になって、ほとんど優勝の余韻に
浸れなかったと、話していました。

また、来シーズンはルール改正があり、それに沿ったプログラムに変更
しなければならないので大変!と、話していました。

今度のルール改正では、すべてのジャンプを飛ばないと高得点が
取れないらしく、浅田真央ちゃんが苦手とするジャンプも飛ぶことが
必須条件となるため、かなり厳しいみたいです。

ところで、世界フィギィアに出場する真央ちゃんに、姉の舞ちゃんが
手紙を書いて手渡したそうですが、"結構いい内容を書いていたよ"と
真央ちゃんが言ってましたが、その手紙の最後に、"真央の一番の
ファン 舞より"と書かれていたそうです。

兄弟であり、ライバルでもある、妹に、こういう手紙を出せるって、
仲のいい姉妹なんですね。

最後に、将来の夢は?と聞かれた浅田真央ちゃんは、フィギィア選手専用の
リンクを作りたい!と言っていました。

ほとんどのスケートリンクは、一般のお客さんと兼用のため、
リンクコンディションが良くないことが、気になっているみたいでした。

来シーズンは、ルール改正や大きなプレッシャーで、厳しい戦いも
予想されますが、夢実現のためぜひ頑張って欲しいと思います。
スポンサーサイト
2008.04.21 Mon l 情報番組 l COM(0) TB(0) l top ▲
「さんまのスーパーからくりテレビ」の企画、"小倉優子音楽隊"の
合同練習の模様を、やっていましたね。

今回が2回目の合同練習だったんですが、小倉優子、青木裕子アナ、
つるの剛士、真矢、伊藤アナに加えて、さかなクンと岩佐真悠子の2人が、
新たに練習に加わりました。

練習が始まる前、早速つるの剛士君から、「なんで、いつもこんな時間
(午後10時)から練習するんですか?」との質問に、ゆうこりんは、
いつも通り軽く無視して練習が始まりました。

練習用の楽譜が全員に配られ、それを見た真矢さんが、「この楽譜には、
ドラムのパートがないんですけど?」と、質問しましたが、ここでも
小倉優子ちゃんは無視して、何事もなかったように音合わせが始まりました。

練習が始まり10分くらいで、「今日の練習は、これで終わります」と
一方的に終了宣言したゆうこりんに、もうちょっと今後の方針を
話し合った方がいいということになり、場所を移して今後の話し合いが
始まりました。

まず、"どういう音楽性でいくつもりなのか?"との、真矢さんの質問に
小倉優子ちゃんは、"ビッグバンドでいきます!"と答え、"それじゃ、
人数がぜんぜん足りないよ!"とつっこまれ、ゆうこりんは、"じゃ、
スモール・ビッグバンドでいきます!"と、答えていましたが、スモールな
ビッグバンドって、どんなバンドなんでしょうかね。

また、肝心の演奏する曲については、ゆうこりんの独断で、アニメソングの
メドレーに決まりました。

さらに、荻窪音楽祭には最終日の5/18にエントリーすると、
青木裕子アナから伝えられると、いきなり大きな問題が発生してしまいました。

当日、さかなクンが仕事で参加出来ないことがわかり、さかなクンに代わる
メンバーを再び探すことになりました。

リーダーとしての統率力や計画性が甘い、とメンバーから指摘された
小倉優子ちゃんは、とうとう泣き出してしまい、そのまま練習終了となりました。

本番まであと1ヶ月もないというのにまだメンバーが全員揃っての練習も
出来ていない、さらには、またメンバー探しをしなければならないという、
この状況で本当に本番に間に合うのか、かなり疑問に感じますね。

さんまさんに認められたいだけだったら、番組の仲間だけ集めて、演奏を
披露した方がいいような気がするんですけど。

また振り出しに戻った小倉優子音楽隊ですが、本番で恥ずかしい思いを
しないよう、真剣に頑張って欲しいと思います。
2008.04.21 Mon l バラエティ l COM(0) l top ▲
「王様のブランチ」に、ドラマ「猟奇的な彼女」に主演する草薙剛君と
田中麗奈ちゃんが出演していました。

今回が連ドラ初挑戦という田中麗奈ちゃんは、ドラマの感想について
凜子は表現力が豊かな女性で、暴言を吐いたり相手を殴ったりとか
普段の生活ではあり得ない行動をやらせてもらって、最高に楽しかったと
話していました。

一方の草薙剛君は、急に蹴られる設定なのに、身構えてしまったり本能的に
避けてしまったりと、結構苦労したと話していました。

また、田中麗奈ちゃんの蹴りについては、魔裟斗も倒せるくらいの威力が
あって、ちょっと怖かったと話してました。

共演した谷原章介君も、凜子(田中麗奈)に蹴られるシーンがあった
そうですが、足の甲ではなくつま先で蹴られたので、かなりきつかったそうです。

今回のドラマで初挑戦したことは?との質問に、草薙君は、ドラマのシーンの
ために、初めてピアノを練習し2週間くらいで弾けるようになり、意外と
才能があるのかもと、少し自慢げに話していました。

また、田中麗奈ちゃんは、11冊の台本を憶えるのがもの凄く大変で、
映画のようなカチンコでの合図がないため、タイミングをとるのに苦労したそうです。

最後に、このドラマについて草薙剛君は、1話1話が映画みたいな作りに
なっていて、笑いや涙ありの、見た後すごく気持ちがスッキリするドラマなので
ぜひ見て欲しいと語っていました。

このドラマ「猟奇的な彼女」は、草薙君、田中麗奈ちゃんとも配役が
ピッタリで、共演者も谷原章介君、松下奈緒ちゃんなど豪華な顔ぶれも揃い、
いいドラマに仕上がっているそうなので、今から楽しみですね。
2008.04.21 Mon l ドラマ l COM(0) l top ▲
仲間由紀恵ちゃん主演で大ヒットしたドラマ「ごくせん」が、また復活
しましたね。

教頭から泣きつかれ、久々に教師に復帰したやんくみ(仲間由紀恵)でしたが、
手に負えない不良達のクラスをまた受け持つ事になり、手を焼いているところに
生徒の廉(三浦春馬)が連続強盗事件の容疑者として警察に疑われるという
事態になり、その無実を晴らそうと、やんくみ(仲間由紀恵)が聞き込みや
ビラ配りをする姿を見た、廉と敵対する生徒・大和(高木雄也)が犯人捜しに
協力し、やっと見つけた犯人グループに大和がリンチを受けているところに、
颯爽とやんくみ(仲間由紀恵)が登場し、見事に犯人達を捕まえて、一件落着!
という内容でしたね。

今回初めて、やんくみ(仲間由紀恵)のアクションシーンがあったんですが、
カンフーの達人みたいな技を繰り出して、なかなか格好良かったですね。

やんくみのシンボル、赤ジャージ姿も、完璧にきまってました。

ただ、生徒達のほうは、イケメン揃いのせいか少し迫力に欠けていたように
見えたのが残念でしたが、これから徐々に役に馴染んでくると思うので、
今後に期待したいと思います。

この問題だらけのクラスを、やんくみ(仲間由紀恵)がどうまとめていくのか
不良達がどう立ち直っていくのか、注目したいと思います。
2008.04.20 Sun l ドラマ l COM(0) l top ▲
グラビアだけじゃなく、最近歌手としても本格的に活動している
リア・ディゾンちゃんを「サンデージャポン」が、インタビューしていました。

前回、サンジャポに初出演した感想については、日本語の勉強はある程度は
してたけど、ニュースの単語が難しすぎて、頭が痛くなったと答えていました。

また、隣のデーブ・スペクターさんが同時通訳してくれたんですが、
説明がわかりにくくて、逆にうるさかったと話していました。

最近行ったオススメの場所は?との質問には、「ソシガヤです♪」と
答えてたんですが、もうちょっとおしゃれな原宿とか渋谷と答えると
思っていたのに、祖師谷とは、リアちゃんって意外と渋い場所が好きなんですね。

それから、リア・ディゾンちゃんと一緒にゲスト出演していた東国原知事が、
リアちゃんから写真集をもらい、「使ってくださいね♪」と渡された写真集が、
実は知事には届いていなかったらしいです。

そこで、今度はしっかりと知事に写真集を手渡していました。

グラビアのイメージが強いリア・ディゾンちゃんですが、これからは
歌の方でも活躍して、また紅白に出場してもらいたいものですね。
2008.04.20 Sun l バラエティ l COM(0) l top ▲
爆笑問題、ゆうこりんこと青木裕子アナがMCを務める「サンデージャポン」が、
スザンヌ一家のCM出演現場で、インタビューしていました。

今回、ゼンリンの地図のCMに家族で出演したスザンヌちゃんですが、
サンジャポのインタビューで、"最近気になるニュースは?"と聞かれ、
「ガソリン問題」と答え、その解決策は?との質問には、「発電?かな」と
答えるなど、お約束のおバカ回答を披露してくれました。

ちなみに、今回共演した母親・キャサリンと、妹・マーガリンの名前なんですが、
経営しているバーに来る、外人の常連さんが呼びやすいように、外人っぽい
名前にしているそうです。

今回出演していない父親は、アメリカの俳優、ジャン・クロード・ヴァンダムに
ちょっと似ているので、"ヴァンダム"と呼んでいるそうです。

仲が良くて楽しそうなスザンヌちゃんの家族ですが、これがきっかけで
家族も芸能界に進出!なんて話も、起きそうな感じですね。
2008.04.20 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。